どこで買うか、それが問題だ

先日、仮想通貨のお話を少ししましたが取引をするうえで、なくてはならないのが取引所です。今回はそんな取引所について私の考えを少しお話ししてみたいと思います。

何となくの理解でいるのは良くないので今一度、しっかり確認してみましたが、仮想通貨の取引所というのは、仮想通貨を買おうとしている人と売ろうとしている人を結びつける場所を提供している所なんです。

どんなに魅力的な価格で売ろうとしても、買ってくれる人がいなければ売れません。逆に、どんなに高値を提示しても、売ってくれる人がいなければ買えません。

一個人が仮想通貨を売り買いしてくれる人を見つけるのは大変なので、取引所が手数料を取って仲介してくれているということです。

代表的な取引所はGMOコインやbitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)です。

選び方としては、手数料やセキュリティ、希望銘柄の取り扱いなどを基準にすると良いでしょう。あとスプレッドですね。会社によって全然違いますので!

自分にとって使いやすいかどうかも地味に大事ですよね。取引所毎に異なるメリットがあるので、複数登録する人も少なくないようです。

また、取引所に関連して、販売所という概念も学びました。とても良く似た言葉ですが、仮想通貨の世界では別物です。

取引所では個人間の売買を行う(買いたい人と売りたい人が取引する)一方で、販売所では取引所が保有している仮想通貨を直接購入することができます。

販売所で購入すると、スプレッドと呼ばれる売買価格の差額が、販売所の利益のために上乗せされてしまうため、取引所での購入に比べて高くつく傾向があります。

取引所との取引になるので安心感があるかもしれませんが、結果スプレッドが広がって損してしまうのは本末転倒ですよね。

そのため、基本的には販売所ではなく取引所で仮想通貨を手に入れた方が良いと言われているみたいです。投資というのは、本当に知識をつけないと損してしまうものなんだなと思いました……。

まだまだ勉強です。
ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です