仮想通貨って?!

一時期、急速に沈んでいたBitcoinですが最近またまた勢いがでてきたようですね!!

遅ればせながら仮想通貨の世界に飛び込んでみようと思って、勉強がてらいろいろ勉強中です!

別にマネーゲームで一発当てたいわけではないんですが、これから株や投信みたいにどんどん一般的になっていくと思うので、投資に対するリテラシーを高める意味でも挑戦してみようかなと思案中です。

というわけでイチから仮想通貨の勉強をしていこうと思っているわけですが、まず仮想通貨といってもBitcoin以外でも実に多くのコインがあるみたいなんです。

よく聞くビットコインとその他の数種類くらいかなと思っていたのですが、こんなにあるとは驚きですね。

有名なものでビットコインの他にイーサリアムやライトコイン、そして以前ニュースで話題になっているNEM。そう、NEMの不正アクセス問題で仮想通貨に対して危険なイメージを持った人も多いと思います。

もちろん不正アクセスをする人が一番悪いのですが、この案件はセキュリティに問題があったという指摘がすでにアナウンスされていますね。詳しくはウォレットの話になるそうです。

そもそも仮想通貨の世界にはウォレットというものが存在します。

ウォレットとは仮想通貨を安全に保管する財布みたいなもので、自分のパソコン上などに作るデスクトップウォレット、スマートフォン上に作るモバイルウォレット、インターネット上のウェブウォレットなどの種類があります。

他にもペーパーウォレットやハードウェアウォレットなんてものもあります。

要はどのような方法で仮想通貨を保管しているか、という話なのですが、今回の案件では取引所がすべてのNEMをホットウォレットで保管していたため、不正アクセスで奪われてしまったと言われているのです。

ホットウォレットはインターネットに接続されている状態、対してコールドウォレットはネット接続のない状態を指していて、セキュリティの観点で推奨されているのは後者のコールドウォレットだそうです。

つまり、オフラインで安全に保管しておけば無事だったかもしれない仮想通貨が、オンラインで保管されていたために不正アクセスによって奪われてしまったということです。

あるいはホットウォレットでも、マルチシグに対応していればある程度は防げたのでは?と言われていますね。

ホットウォレットは出金などがスピーディに行えるなどのメリットがあり、ユーザーの利便性が高いという側面があるので、ある種リスクと利便性のトレードオフみたいな気もしますが、僕が仮想通貨を購入する時は、リスクを全部理解した上でやっていこうと心から思いました。

というわけで最近はこちらのサイトを参考に仮想通貨を勉強しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です